2014年11月

2014年11月29日

善水寺



海抜20mの表示 細い道を駐車場まで登って

人ひとり会いません・・・

浜松市指定 保存樹木第26号

銀杏の黄色にあいに

たぶんもう散ってしまっている・・・・はず・・と

あきらめつつ 

      善水寺      

          臨済宗妙心寺派

  浜松市西区伊佐地町5217
IMG_8238
























一昔前に戻ったような 山門をくぐると右手に大木が


足元にはギンナンと特有の匂いが

まだまだギンナンはこれから落ち始めるのでは

(雨のように降り注ぐギンナン・・・と浜松のマップには)


葉はハラハラと散ってはいますが まだこれから

緑が濃い所もあります
IMG_8235






















IMG_8240





















シーンとした中に

両方の手の平に乗るくらいの犬が(と思ったの

どこかで・・・吠えてる

風邪を引いたような声で・・・・悪いわね

直ぐ帰るから~~と言いながら

山門をくぐり階段を上がっている時

枝に・・・・リス(縞は無くグレー黒っぽい)

はじめて声を聴きました・・・・リスってこんな声



帰ってYou Tubeで聴きましたら

小鳥のような声・・・・と

いや ぜったいちがう

           ・・・・風邪を引いてたのかな








fukiyahamamatu0802 at 16:30|PermalinkComments(2)神社・仏閣 

2014年11月20日

日吉大社



いつもあそことここと

何カ所も廻るから疲れるのだから ピンポイントで行こうね

と・・・言った舌の音も乾かぬうちに

お昼・・・サイコロステーキを食べた後
美味しかった~~
IMG_8223













先にお肉ばかり パクパクと
IMG_8224













比叡山にするか・・・(延暦寺では時間が足りないし~~)と

ケーブルの発着所がある坂本の日吉大社へ行こう~~
IMG_8227
















IMG_8229


















IMG_8231


















さすが 沢山の人出で 京都弁がそこかしこから聞こえてきて

この旅で 人って親切だな~~と嬉しくなったりして


レンタカーを返す時一つ失敗 
セルフで注入する時 ガソリンこぼしてしまった…危ない

で京都市内 桜・紅葉以外の人出が多くない時期には
レンタカー多いに活用しても良いような


fukiyahamamatu0802 at 17:57|PermalinkComments(0)神社・仏閣 

三井寺 



今回の旅の目的地は

手術前に 最後に眠る場所を
かねがね思っていた三井寺さんの久遠搭に決めました

今の時代 次の代に法要など不要と言っても 有れば
ホッテも置けず

でもうちのお墓はいっぱいだし~~~と・・・勝手に

三井寺さんまで 持って行ってくれる人の迷惑も考えず


秘仏 如意輪観音像にひかれて

なぜこんなに 今日は是が非でもと・・・

天台宗 総本山 園城寺(三井寺)

第5代天台座主

宗祖 智証大師 生誕1200年 慶讃大法会

平成26年10月18日~11月24日まで・・・・で

秘仏 33年毎にご開扉される

如意輪観音像をぜひ・・・・ぜひ・・と強い気持ちで

じつは先年ご開扉があり 次回は28年後・・・・

お会いできるのはぜったい無理だな~~~と


三井寺さんも紅葉4部
IMG_8181














仁王門(重要文化財)

IMG_8183

















IMG_8186











IMG_8188
















こちらの手水舎 竜が抜け出すのか 檻に入っていました
IMG_8189

















三井の梵鐘で名高い 鐘

NHKゆくとしくるとし・・・・雪のシンーーンと降る中

ゴ~~~~ンッ

あ~~ッこの鐘ね・・・・・

IMG_8190
















一切経蔵(重要文化財)
室町初期の作 1602年毛利輝元により移築
堂内にある 八角輪蔵にびっしり お経が納められて
IMG_8191

















横から見た 一切経蔵 すごくきれいな姿です
IMG_8193











三重塔
IMG_8197


























この横に灌頂堂があり この法会に合わせて在家の信者さんが
教えを乞うていました(廊下を巡りながら・・・・)
IMG_8199












文化財収蔵庫には
屏風・十一面観音立像・阿梨帝母倚像(重要文化財)
IMG_8206
IMG_8207














そして 西国14番札所 観音堂にて

如意輪観音像(重要文化財)のお姿を・・・・拝めました

お若いお坊さんの説明を聞きながら後が詰まっているのに
15分位粘って 粘って

い~~いお顔でした 


お札の販売所に寄りまして お手紙☎等でやり取りしました
お坊さんが丁度座っていらして

霊園まで車で案内して下さって 久遠搭へ行ってきました

骨を休めるところが出来ましたが・・・魂は風に乗りますように

護法善神堂(子供の守り神)さんの前に銀杏の大木が
IMG_8221




























こちらは文化財収蔵庫から毘沙門堂に至る参道わきに
IMG_8214






























IMG_8213
















うしろを通ったどこかのおじさまに
財宝がたまりますってと・・・・声をかけたところ

もう 有ってもなくてもいいな~~・・・・と笑ってお返事が

まだ欲深く 俗っぽいのは・・・・のみ・・・・

IMG_8210


fukiyahamamatu0802 at 14:23|PermalinkComments(2)神社・仏閣 

大津プリンスホテル



大津プリンスホテルへで予約状況を確認したところ

18日19日は空いています 24日まですべて満室で

との返事に エッ今日では19日・・・・で

急遽一人でも良いですか・・と

お返事です・・・を聞いてから 同行者を募集
IMG_8155




















行って見て驚いた 半月の形・・・・で38階まであり
33階にお泊り

食事前に琵琶湖の波音と風に会いに
IMG_8160























IMG_8162














IMG_8163















IMG_8164















この後は食べるのに忙しく 写真もおろそかに

よ~~く入るね~~って ほんとに自分でも感心しましたが

胃薬も呑まず・・・・9時にはグ~グ~・・・・と





6時20分ごろから起きて 日の出を見ようと粘りました
IMG_8166













IMG_8170














が6時53分 ようやく雲の切れ間から 太陽が
IMG_8176














2日間大津は13℃と少し早足で歩くと汗ばむほど 晴天に恵まれて






fukiyahamamatu0802 at 07:30|PermalinkComments(0)お出かけ 

2014年11月19日

石山寺



初めに立てた計画では 石山寺は入っていませんでした

京都駅八条口から レンタカーを借りて

ネッツトヨタさんに急なお願いをして手配していただいて
ありがとうございます

西国13番札所 東寺真言宗大本山 石山寺へ

747年東大寺の良辨僧正の開基

東大寺に良辨椿ってありましたよね


京都からアッと言う間です・・・もっと遠いかなと

東大門
IMG_8136















石山寺の紅葉はまだこれでも 3~4部程 全山紅葉したら
感動でしょうね

入ってすぐ横の法輪院
IMG_8138
















ライトアップの予定もあるとかで 
参道に紫式部の源氏物語の女性の名前の行灯が
灯りが入るのを待っていました

大黒堂
IMG_8142















IMG_8143














御影堂前の紅葉は真っ赤でした
IMG_8147
















多宝塔(国宝)
IMG_8149


























お山の一番上にある豊浄殿で式部の硯・書画の展示を
IMG_8148


























パンフレットなどでおなじみの岩山(天然記念物)
 こちらの左手に本堂が・・・・でも
IMG_8146















上りも下りも階段を征服するのに必死で 本堂を・・・・ジャンプ

本尊の秘仏 如意輪観音は33年ごとの開扉

で・・・・ま~~ず 無理だろうな・・・と思ったので

何時ですかとも 尋ねてもみづ






fukiyahamamatu0802 at 20:25|PermalinkComments(0)神社・仏閣 
ギャラリー
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ