2015年10月

2015年10月30日

里弄(リーロン) ☆ ガーデンガーデン



寒くなってから土いじりするよりも 今が良いかなと

豊橋のガーデンガーデンさんへ 

パンジーの苗は まだマダこれからでした

ガーデンシクラメンと金魚草を

また植木鉢をまたッ・・・て言われそう

始末したばかりなのに・・・・



先に中華料理が食べたい・・・・リクエストにより

里弄さんへ

千葉 金目鯛お刺身サラダ
IMG_9099














北海道産 白子サクサク揚げスパイシーソルト
 カリッ フワッ トロッ アッ ピリッでなんとも言えず美味しい
IMG_9100















車海老・銀杏・甘栗のあっさり炒め
車海老はプリップリ 銀杏も食べごたえあり
IMG_9101













陽澄湖上海蟹と豆腐の煮込み
IMG_9102
















全部半分づつですので そんなに量としては多くないのですが

満腹 満足 食べ終わってみれば 体がポカポカとして・・・でも

舌が辛くてつらい(一緒の字)・・・・ 辛くて辛い・・・・なんて

言う事はありません 

ときどき何としてでも食べたくなるお味です



ガーデンガーデンさんでは・・・・相変わらずの人出

切り花のボケの花を買ってもらって・・・花が一番うれしい
IMG_9105















ありがとうございました
IMG_9106



















豊橋はの産地・・・・でびっくり

10個で400円

お味は
まだ食べていません・・・・が・・・安い




fukiyahamamatu0802 at 21:40|PermalinkComments(2)中国料理 

2015年10月28日

ラ・ファミーユ



七十二候 霜降 次候 霎時施(こさめときどきふる)


 
麁玉協働センターで スポーツ吹矢の

市民サークル 体験教室が5回開催して

きょうは回目・・・・サンライフさんに書類提出も

あったので チョコット寄ってみました
IMG_9095













その前にを  予約もなく お一人様で


   欧風料理 ラ・ファミーユ

  浜松市浜北区宮口 3530-2
  ☎ 053-582-1270
  定休日 月曜・第二・四日曜日
  営業時間 11:30~15:00
         18:00~21:30

IMG_9089















オーナーシェフの河合さんの実家からくる 採れたての野菜

手前左にある キッシュ 美味しいです カリッとしっとり
チーズが良いね
もう少し欲しい・・・・・と思うのが一番
IMG_9084















コーヒーの時 キッシュが美味しかったですと言ったところ

キリッとした マダムが 「お店の一押しです」・・・・と 納得

可愛い じゃがいものスープ
IMG_9085














 
  
本日のお魚は クリームコロッケ  ハフッハフッです
IMG_9086
















きょうは前菜から デザートまで器は 和のテイスト

冷じるこに・・・・のアイス・・・う~~~んなんだったかな~
モンブランはいただいても・・・もう一つが 残してしまった
IMG_9087

















次回はお肉を食べてみたい

飛龍街道から 麁玉協働センターへ行く途中にあって

通るたびに 寄ってみたい・・・・と思っていたお店でした



なんだったかな~~が多いので

ネットで脳年齢テストを 何んと95歳

2・3回チャレンジしてみると28歳



どう考えればいい


fukiyahamamatu0802 at 21:41|PermalinkComments(2)フランス料理 

2015年10月25日

長楽寺



2時頃 そ~だ ドウダンツツジの紅葉は・・・・と

気になったので 細江町の長楽寺さんへ
30段ぐらいの階段なのに 息が切れました
IMG_9056











平安時代 弘法大師によって開かれた 古いお寺
1200年前の創建
 
室町時代の土塀を見ると 鳥帽子に狩衣姿の
お公家さんが ひょっこり現れそうな
IMG_9058













当時の土塀が・・・・と思うと 職人さんの確かな腕と

天災に逢わなかったということに感謝


本堂から回遊式庭園を望めば 満天星の紅葉は一分

マダ11月に入ってから・・・・でも今年は少し早いそうです
IMG_9063










小堀遠州作 満点星の庭と名付けられた
ドウダンツツジ
IMG_9073













本尊は馬頭観音(鎌倉時代)

此方の写真はどうぞ撮って下さってけっこうですよ・・と
ありがたく パチリと・・・・

かつて七堂伽藍があったと伝えられていますこのお寺ですが
阿弥陀堂 破損により護摩堂に安置

大みそかには護摩を焚くそうです
IMG_9068















馬頭観音様の頭部にある馬 全身があるのは珍しいそうで

観音様は頭から胴部まで一本造りとする寄木造

昔は旅をするのも 荷物を運ぶのも馬 貴重な運搬手段で

結構沢山祀られています そうそう東北では曲り屋といって

家族と一緒の建屋に居ましたよね

馬頭観音
衆生の無知・煩悩を排除 諸悪を毀壊する菩薩

百合が咲き アザミが咲き つわぶきが咲き
千両が赤い実をつけ
・・・・ここでは不思議な空気が流れ
IMG_9070










静岡県で2番目に古い梵鐘 こちらは文化財ですので
IMG_9065















突いても良いですよと書いてあった こちらを遠慮なくO型ですので
良い音色で いつまでも響き タイムを測ったところ 1分50秒27
~~~~んッと
IMG_9059
















そうそう十三夜(栗名月) ちょっと欠けてるわね
IMG_9082

fukiyahamamatu0802 at 19:00|PermalinkComments(0)神社・仏閣 

複合機



今日は 一斉草刈りの日・・・・終わりました

立ち上がる時 よたよたと

人生の時間は容赦なく 過ぎて行きます


ぐちって・・・・案外言っているとき しかも

自虐ネタって 

もしかしてストレス解消になるのかも

人の噂話して あとでがまずくなるより良いかもね




一つ買って 5つ持って行って貰いましたすっきり

ディスクトップもプリンターも廃棄(3台もあったのよ

今回 EPSON EP-978A3にしました
IMG_9053













で早速 スキャナーで取り込んでみました

A4より大きい 茸の絵 次回月例会の絵を

純さんが描いてきてくださったので

もちろんコピーでは はみ出してしまうサイズ

コピーサービス行ってこようかな・・・・と思っていたところ

なんと 絵を2回に分けて(上下)別々にして取り込み

1枚の絵に完成・・・・・ちょっとうそ~~ッ

驚き・・・・そんなの当たり前 そ~~おッ



3Dコピー機が出来ているのに・・・・なにを驚く・・と

言われそうですが

ついていくのが大変

時間は刻々と流れて行きます・・・・一緒に泳がないと



きょうは十三夜(名月)

満月の二日前の月 満月より美しいとされ

旧暦 9月13日(今日)の月をその様に呼ぶそうで

きょうは綺麗に見れそうですね






fukiyahamamatu0802 at 12:16|PermalinkComments(2)備忘録 

2015年10月24日

リストランティーノ イプシロン


石蕗の花が咲きはじめました

そう秋の花だったんですね キク科
IMG_9043














春の花と思ったのは 蕗の収穫時期と混同していたようです


つわぶきの茎を食べた覚えがありましたので

検索して見ましたら

つわぶきには肝臓に対し

有毒な物質ヒロリジンアルカロイドがあって あく抜きをして

使ってくださいとありました


三方原町の閑静な住宅地にある イタリア料理

リストランティーノ イプシロンさんへ
http://www.ipsilon-y.net/

見るからにイタリアンのお店
          ・・・・とても看板出てないし~と

しましたら お隣の家でした



玄関にはこのサイズの看板だけ
IMG_9044













気持ちの良い声のマダムに迎えられて
帆立と人参マリネ
IMG_9045












前菜 ピリッと聞いた蟹が良い味です
IMG_9047












自家製フエットチィーネ ポルチーニ茸の香りが
平打ちのパスタって苦手ですが 今日はいい量と良い味で
ペロリと
IMG_9048













マダカ・・・・スズキになるあと一歩手前
バルサミコ酢ソース
IMG_9049












母上の注文 仔牛
IMG_9051













ドルチェ
甘いもの苦手と言いながら・・・・完食 ちょっとには
と言いながら 底までガラガラとすくって
IMG_9052











美味しい

久しぶりに食事の後

美味しいと思うコーヒーに逢いました

オータムさんのコーヒーも美味しいですがイプシロンさんも








fukiyahamamatu0802 at 16:22|PermalinkComments(0)イタリアン 
ギャラリー
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ
  • メゾン・ナカミチ